博多鋏職人 高柳晴一さん

投稿日時: 2014年01月30日(木)

ジャンル:タグ:

今からおよそ700年前に南宋の帰化人「謝国明」が博多に持ち帰ったものを唐鋏と称し、日本で最初のものといわれる。
唐鋏を改良し、切れ味の鋭さが特徴の和鋏が誕生した。現在、博多鋏職人は高柳さんただ一人で入手困難となっている。
使い勝手の良い万能鋏で博多織や博多張子の職人も手仕事で使用するほど。ワンポイントの菱紋がお洒落。

投稿者:馬場直由樹

このページのトップへ戻る